大自然を舞台にした
トレッキングやサーフトリップ、
シーカヤックなどのツアーで料理番を務め、
アウトドア料理の腕を磨いてきた小雀陣二さん。
小雀さんによるキャンプのススメをお届けします。

_DSC0894_R

最初に用意するといい調理器具は何ですか?

「ダッチオーブンやスキレットなどの鋳物製の鍋です。
家庭でもアウトドアでも使える調理道具を1つ用意して
家で使い、特徴をつかむところから始めるといいと思います。
スキレットは餃子もパリッとおいしく焼けますよ」

少し手になじんできたら、ぜひアウトドアへ!
最初にトライしてほしいのが
小雀さんが紹介してくれた「牛肉のバジルチーズ巻き」。
モッツアレラチーズとバジルを牛肉で巻き、
スキレットで焼く料理です。

_DSC0567_R

スキレットは強火で十分に温めてから
中火弱にして調理します。
たとえツーバーナーであっても風の影響を受け、
火力が思い通りにならないかもしれません。

_DSC0902_R

「アウトドアでは家庭と条件の違いを楽しんでください。
僕らはふだん便利すぎる生活をしていますので、
お湯も出ない、ゴミもすぐに捨てられない環境は酷。
あえて面倒くさいことを楽しむくらいの心意気が大切です」

はじめのうちに用意しておくといいものとして
小雀さんはバーベキューグリルも挙げてくれました。

_DSC0196_R

そしてこだわりを持って選び抜いてほしいと
小雀さんが見せてくれたのが木炭です。
こちらは岩手県の木炭。形がきれいですね。

_DSC0904_R

同じ県の樹木でも炭焼きの職人さんによって
火のつき方や「持ち」など性質が異なるのだとか。
国産の炭を使うことは、森を守ることにもつながります。

「炭火を使ったアウトドア料理をすることで
ふだん使ってない五感を使い、感覚が開きますよ!
でも、毎月はちょっと疲れるはずです(笑)。
2〜3カ月に1回、アウトドアに出かけられたら理想的。
スイッチが切り替わり、暮らしが冒険になります」

_DSC0592トップ完成品2_R

SHARE

OTHER REPORT

他のレポートを見る