焚き火料理に挑戦したい!
でも、焚きつけに手間取ったらどうしよう。
ちょっと不安に思っている方のために
長野修平さんが焚き火の基本を教えてくれました。
最近では、環境への影響や安全面の配慮から
直火よりも「焚き火台」を使って焚き火をする人が
増えてきたそうです。これは初心者にもおすすめのキャンプ道具。


まず、「焚き火台」に乾いた小枝の折れ口を寄せ集めながら、
三角すいになるように重ねていきます。

107A0797_R

空気の層を作るのがポイントです。
紙をねじってライターで火をつけて奥の方に入れます。
この紙にサラダ油など油分を含ませると、
さらに火がつきやすくなります。
簡易着火グッズを使ってもいいですよ!
よく新聞紙をくしゃっと丸めて
焚きつけに使おうとする人がいますが、
せっかく作った空気の層をなくしてしまうので
かえって火がつきにくくなります。

107A0814_R

「松ぼっくり、どんぐり、松の葉など油分が多いものは
火がつきやすく、いい燃料になるので
見つけたら小枝と一緒に加えてください」と長野さん。

驚くほどスピーディに火がつきました!

107A0824_R

針葉樹はすぐに燃えてしまい、たくさんの薪が必要になるので
長時間、焚き火をするときは、広葉樹の薪が最適。
焚きつけに成功したら、「炙り料理」にトライしてみましょう!
このぺージの一番下から長野修平さんの
「たいのハーブマリネ 焚き火炙り」のレシピをチェック。
焚き火の燻煙効果で、いぶされた魚の味は格別です。

107A0877_R

焚き火料理をしたり、暖をとったりして、
帰る日の朝までに鎮火します。

107A1226_R

残り火は、キャンプ場の中にある「灰捨て場」へ。
大きな炭や木に火がついていたら、水に浸して消火します。

107A1244_R

炭は小さくなっても最後まで燃料として使えるので、
長野さんは持ち帰るそうです。
自然の恵みを生かしきる知恵に触れました。

107A1230_R

「焚き火をやるためにキャンプ場に行こう!」と
仲間を誘ってみたくなりますね!

SHARE

OTHER REPORT

他のレポートを見る