キャンプごはんの段取り力を上げるコツを
長野修平さんに聞きました。
「初日の昼は、すぐに食べられるものを用意すること。
おやつは多めに持っていきましょう。
天候の急変に備え、飲み物は冷たいものと温かいもの
両方あると快適に過ごせますよ」

キャンプ料理を楽しむなら夜ですか?

107A1068_R

「いえ、初日の夕食は、家で仕込んできたものを持ってきて
キャンプ場で仕上げるくらいがちょうどいいですよ」
明るいうちにごちそう様をして
焚き火の時間を心ゆくまで楽しみましょう!」


たこのライトスモーク入りドライカレーピラフのように
燻製料理をするなら2泊3日の2日目の朝に。
いつ何を食べるか計画を立てるのが、
段取り力を上げるポイントですね!

長野さんが帰る日の朝食として教えてくれたのが
後片付けがラクな焚き火ホットドックです。

107A0542_R

長野さん流のホットドックはザワークラウトの適度な水分を生かし、
ホイルで包んで焚き火に入れた「蒸し焼きスタイル」。

107A1092_R

ザワークラウトは、多めに端まできっちり入れると、
パンがふっくらしていておいしくいただけるそう。

107A1096_R

ソーセージを挟みます。焚き火料理に慣れないうちは、
加熱しなくても食べられる食材を
組み合わせた料理にするといいそうです。
これも段取り力ですね!

107A1169_R

ホイルで包んだホットドックを焚き火の上にのせます。

107A1189_R

スキレットで焼く場合は、ふたをしてください。

107A1185_R

しばらく薪や皿などをかぶせて蒸らしてください。
蒸らすことでザワークラフトの水分がパンにほどよくなじみます。
この時間にコーヒーを淹れましょう。

107A1196_R

フレッシュハーブソースをのせたら完成。
「いただきます」
ぜいたくな朝の時間が流れていきます。

107A1205_R

107A1108_R

「キャンプ料理は、失敗してもいい思い出になるんですよね。
おおらかな気持ちで作るといいと思います。
量を少し多めに作り、帰宅した後の名残り食に。
そのときはスパイスで味を変えたりしてね、
家で食べるのキャンプ料理も味わい深いものですよ」

SHARE

OTHER REPORT

他のレポートを見る